50歳目前の男性が育児短縮勤務を決心した経緯は、其の1~其の3で説明させていただきましたが・・・

育児短縮勤務の申請書を受理されてから、育児短縮勤務を取るまでにもいろんな事がありました。


会社的には、人事異動で私を何処に移動させるか・・・???

課長職で育児短縮勤務者の引取り部署なんてあるのか?

そして、私の後任者を誰にするのか???

私のしている業務は特殊で、後任者は限られているはず・・・???


人事担当の取締役から何度か訳の分からない?電話も2回ほどありました・・・


1回目の電話の電話は7月中旬頃
大まかに2つの内容でした。

①ひとつめは、
<取締役>
感情で育児短縮を取ったら、君の(私の)この会社人生にマイナスになるよ!
って・・・(心配で・・・)内容の・・・

いやいや、人事担当の部長(取締役)が公にそれを言ったらNGでしょ!?
マイナスの意味が良くわからないけど・・・
勤務時間が短い事での多少のマイナスは仕方ないにしろ、法律上も育児短縮者の評価は平等にしないといけない事になっているはず!?
(と心で思いつつ・・・)

<私の答え、>
まず「感情」のことを言われるのであれば、
私が2年間にわたり、業務上の様々な通達・連絡事項・共有事項を(推定)100回近くも「忘れてた!」等言われながら
締め切りを過ぎてからバタバタと仕事をしないといけなかった状況を、会社としてどうとらえるのかお聞きしたいです!?(これには回答無し)
また、
マイナスとう意味がどういう意味かにもよりますが、「出世」の事であれば育児短縮勤をフルで取った場合、
短縮勤務が空けるとすぐ、私は役職定年の年齢ですので今の立場からの「出世」=昇給すれば部長職というのは、
100%無いと言うのは認識していますので、そこは心配いりません。
と回答しました。

もう一つは、
育児短縮勤務を考える前に、子供を夜遅くまで見てくれる託児所とかに預ける方法は考えなかったのか???と・・・

部長ぉーーーーー
このブログでは簡単にしか触れていませんが、この部長とも2回にわたって面接をして、
短縮勤務を取る理由其の1~3までの内容を何時間にも渡って説明をしたのです!
なのに、この質問。。。。。
何を聞いてたの???
「はぁ~(*´Д`)」と思いながらも、同じ内容を再度説明しました。

私が絶対的に短縮勤務を取らないといけない家庭の事情ではありません。
奥さんの勤務で調整できる事だったのですが、私の業務で度重なる「忘れてた!」事件があり
特に今の仕入部長になってから、「忘れてた!」の内容がどんどん酷く(重要に)なっていくばかり!
何度も、何度も、忘れないようにお願いをするのに・・・・改善される見込みが無いし・・・
私が今の役職でいる限り今の業務に「働き甲斐」・「生きがい」・「将来性」等・・・
といった事が感じられなくなったので・・・・・・

等々・・・・
と再度説明。

「だったねー」などと言われ電話は終了。

そして、3週間ほど後に、2回目の電話が来て・・・
「もう1回教えて?何で子供を託児所に預けるとかして、育児短縮勤務を取らないでいい方法を考えなかったのか?」
(*´Д`)(*´Д`)(*´Д`)
とりあえずもう一回説明いたしました。

私の会社の人事異動は9月1日付です。
恐らく人事異動の会議の中で、議題に上がったんでしょう。
社長・会長等につっこんで聞かれたんでしょう。。。

女性が育児短縮勤務を希望すればこんな事聞かれず、すんなりと取れるのしょうが
男性が育児短縮勤務を取るのって・・・・・
予想はしていたけどやぱり壁が高いな!?

これからも周りからも色々言われるんだろうな・・・
と思いつつ、家に帰り子供の笑顔に癒され、勇気も貰い、頑張らなきゃ!!!
と思う今日この頃です。


つづく・・・
スポンサードリンク